依頼する 取得の流れ

種類について


種類とはどんなものだろう

法務局で閲覧できる商業登記簿にはいくつかの種類があります。

  • 合名会社
  • 合資会社
  • 株式会社
  • 有限会社
  • 外国会社
  • 商号
  • 未成年者
  • 後見人
  • 支配人
です。

また、登記する理由によって分類されています。

会社の設立の登記
新しく会社を作りたいなど、登記簿を初めて作成する場合に行う。
役員変更の登記
代表取締役や監査役などの会社役員の変更など、一度登記した内容に変更が生じた場合、登記を実態に合わせるために行う。
解散の登記
会社経営をやめるなど、内容に対応する実態が消滅した場合に行う。
商号変更・目的変更登記
会社の名前や事業内容を変更したい。

法律によって、登記事項と実態が同じであることを会社の代表者に申請を義務づけています。
手続きを怠ると罰金が科せられます。

費用について