依頼する 取得の流れ

商業登記簿謄本とは


商業登記簿謄本とは何だろう

会社には、社名(商号)や所在(本店)、目的、資本金の額、役員等を、国の帳簿に記載して公開することが法律上義務づけられています。

この手続きを行なわなければ、会社として認められないのです。

この国の帳簿というのが商業登記簿です。
会社と取引をしたいが、資本金は十分にあるのか、「利益のある取引になるのだろうか?」といった重要情報を知りたいとき、法務局に保管されている登記簿謄本を閲覧することできます。

これを見れば、相手の会社がどんな会社なのか、その情報を知ることが出来ます。
取引を安全、かつ円滑に行なうためにも必要なものなのです。

読み方