依頼する 成功のポイント

安定収入を得るために


取得、代行します。

謄本は法務局に保管されていますので、最初に調べたい会社や土地や建物の管轄の法務局はどこなのかを電話で問い合わせます。不動産登記簿謄本なら、法務局で公図というものを閲覧します。
申請手続きですが、これが意外と手間がかかってしまいます。

当サイトは、お客様に変わり登記簿謄本取得のお手伝いをさせていただきます。
迅速かつ丁寧な対応でお客様のお手伝いをすることを目標としております。
人件費や交通費、郵送費等の経費を削減!
お急ぎの場合は是非ご利用下さい。

全国一律950円 全国対応可能当日発想 取得代行を依頼

そもそも登記簿謄本ってなに?

謄本とはあまり親しみのない言葉ですが、とても重要なものです。 不動産を購入する際、会社を設立する際には欠かすことの出来ないもので、法務局に保管されています。

私たちが手にすることができるのは登記簿の謄本、つまりコピーです。内容に間違いありませんという法務局の証明印がコピーに押されています。

詳しくはこちらから

商業登記謄本と不動産登記謄本

登記謄本には商業用と、不動産用とあります。

商業

商業登記簿謄本とは、会社名・住所地・資本金・役員・代表取締役といった会社情報が掲載されているもので、全部事項証明書、一部事項証明書の2種類がある。法務局へ申請すれば取得できます。

詳しくはこちらから
不動産

不動産登記謄本は、土地登記簿と建物登記簿の2種類があり、地番や地目などが記載された表題部、所有権に関する権利が記載された甲区、抵当権など所有権以外の権利が記載された乙区から成り立ちます。
不動産登記簿も誰でも自由に閲覧、または写しを入手することができます。

詳しくはこちらから